堕としマフィア prologue 「おれという存在」

 

人間なら誰しも

時間を忘れて没頭できる事が

なにか1つくらいあるものだろう?

 

スポーツやゲームなどの娯楽や

ギャンブルやちょっと犯罪じみた事等々

まあなんでもいいが

 


俺にとってそれは……女を堕とす事だった

まぁありきたりだ、男なら誰しも思うだろう

たくさんの女とやりたい放題したい、、、とな

 

 

大なり小なり、恨みとまではいかないが

たとえば学校の厳しい女教師に怒られたりでもしたら妄想の中でめちゃくちゃにしてやったり

 

 

女の刑事がピシッとスーツでカッコよく決めてたら、その人の乱れる姿を想像してしまったり同級生の清純派美女で自慰したりしただろう?

 

 

しかし現実そんなことはできやしない

それらの欲求を解消するには、動画を見るか金を払って風俗店に行くだけだが

 

 

それらは全て脚本の上

幻、空虚であり

リアリティにかけているのだ

 

 

仕事はデカイ声で言えるものではないし

自慢出来るもんでもないが俺は満足している。

 

 

今言ったような自己の欲求を満たし,中々の金も手に入る。

 

 

まぁしかし今となってはもう

欲求解消や金のためにしているわけではないが、それはもうすこし後に話そうか

 

 

おれの世界はもちろん裏社会ってやつだな

そこでは、俺は少しばかり名が知られている。

 

 

あらかじめ言っておくが

おれは人をころしはしない

ころしてしまってはただの犯罪者だ

 

 

ころし屋ではない、

むしろおれはそれを嫌悪している

美しさに欠けているからだ

 

 

おれはそれでも口封じは完璧に出来てある
レイプではない、100%快楽に堕とした上でフィニッシュだ

 

 

絶頂してしまっては警察になんかいけないからな、まぁ念のため写真、動画で口封じもしているが

 

 

しかし勿論だがその写真をばら撒くと言ったことはしない、あくまでハッタリ、もしターゲットがその後警察に言ったとしてもだ

 

 

まぁハッタリにしても充分効果はあるのだ

1人警察に訴えたやつがいたがそれでもばらまいたりはしなかった

 

 

 

おれがなんでこの仕事に出会ったか

クククッ、神様というのは実に不公平

 

 

真面目な人間じゃなくおれみたいなド悪党にも幸運というものをもたらしてくれているのだからな

 

 

過去の話をするのは好きではないが

並外れて性欲と腕っぷしが強かったのだ、少年時代からだ

 

 

小学6年生の時初めて自慰行為をした

その時からか、おれは性に目覚めた

 


女には全くモテなかったため基本的にはレイプだ

 

 

飢えていたんだ、いつも性に飢えていた

抑えきれなかった、抑えようともしなかった、まるで性欲の奴隷だったのだ

 


ある日有名な美人をレイプして捕まった

そして出所した際に、ボスに出会ったのさ

そこからおれはそのボスの下で働いている

 

 

捕まった時はもう 「終わった...」 と思ったね

性犯罪をしたものが生きていける世の中ではないしな

 

 

そんな時にボスは救ってくれた

こんなレイプして捕まったやつをだ

あぁそれはもう感謝しきれない、

 

 

忠誠を誓った、

さらにボスの持つ正義におれは胸を打たれたのだ

 

 

ボスがこの仕事をくれたおかげでおれみたいなレイプ魔にも、社会への役割というのが持てた(まぁ、裏だがな)

 

 

そうかどんな仕事かまだ話してなかったな、、、

 

 

おれなんかが正義を語るなんて

まだまだおこがましいが

 

 

要は依頼を受けてその人物(女に限る)に

性的な刺激を与えて反省させるということだ

自分の非を認め、心を改めさせる

 

 

そしてその一部始終を記録に収め、証拠として依頼主に戻し、金をうけとる、そんなとこだ!

 

 

ボスの正義はたとえばこうだ

 

 

女上司A子さんと男の部下B君がいて

A子さんがB君にパワハラをしていました、

 

 

それでB君がついにキレて女上司を殴ってしまった

 

 

その場合、B君は暴行罪で逮捕され犯罪者になるな、しかしだ、真に悪なのはこの殴られた女上司A子さんではないか?

 

 

この国は『暴力=悪』だ

体罰問題もあるが、悪ではない暴力などない

という考えが強い国なんだ

 

 

である故、

真の悪が被害者面をして

のうのうとしている、、、

 

 

そんなこと許すわけにはいかない

だからその真の悪に制裁を下す人間が必要なのだ、ということがボスの正義だ

 

 

まぁ実際は殴りたいという衝動がピークに達する前に依頼が来ることが大半だがな

 

 

あとは男女間のトラブル、女に貢がされた等で復讐の依頼をしてきたりだな

 

 

これは女がちゃんと「 悪 」の場合でなければ依頼は受けていない

 

 

ただただ「 この人をレイプしてください 」

という理由の依頼は断っている

 

 

そんなものはボスの正義に反するからだ

おれはもう野蛮なレイプ魔ではない、浄化活動なのだこの仕事は

 

 

まぁこんな仕事をダークヒーローなんて言ってしまうことはさすがに褒めすぎだがな

 

 

おれのテクニックはどんな女も落とすことができる、

 

 

最初は正直

 

「正義の名の下に

 合法的にレイプできて最高だな」

 

とか

 

「欲求解消も出来て金も貰える」

 

と、邪なことを思ってはいたが、

 

 

だんだんとそんな名目でだけではなく

本当に正義感を持って

この仕事に取り組むようになった、、、

 

 

女を抱くことはもちろん楽しいが

企業の福利厚生みたいなものとしか

今は考えてないな、、、

 

 

しかしまぁおれは

数々の女を堕とし、

浄化してきた!

 

 

裏の顔を持ったクラスの清純派美女だろうが

おれのことを嗅ぎまわってた気丈な女刑事だろうがだ、、

 

 

あの刑事は悪人ではないが

おれの目的の邪魔をしたから仕方なかったな

 

 

にしても

なかなか粘ってたなクククッ、、、

 

 

強気な女はそそられる、久々に興奮しながら仕事をすることができたな、初心に帰ることが出来たよ

 

 

「あなたたちはヒーローじゃない、犯罪者よ」なんていうもんだからつい本気になっちまった

 

 

 

 

 

 

 

 

さて前書きが長くなったな

これからはおれの仕事で抱いた女の中でも特に興奮した物語を話していこうか、、、